小顔になる方法をご紹介【頭部の大きさは見た目に強く影響】

サイトメニュー

選択肢の広さで人気です

看護師

理由に合わせて変わります

人のスタイルを見る時によく何頭身かという言葉が使われるように、頭部の大きさは見た目に強く影響を与えます。たとえ首から下のバランスが整っていても、顔が大きければスタイルが悪いということにされてしまうことが多いです。そのため大勢の人が美容クリニックに足を運んで、小顔治療を受けるわけです。そしてクリニックに用意されている小顔になる方法に、簡単に受けられるメニューが増えたのも人気となった理由のひとつです。昔は手術で骨を削る方法が主流で、小顔になるために長い時間が必要でした。今でも骨格から形を変えるためには手術をしなければいけませんが、マッサージや注射だけで十分な人もいます。体質の異常などで骨格が大きくなっていて、整形しないとどうしようもない人以外でも、自分に合った内容を気軽に受けられるようになったことが大きいです。軽い施術であれば入院をする必要もなく、2・3日で終わるので一般的な休日に終えられるほどです。整形に対する抵抗感も踏み出せない大きな理由でしたが、それは皮膚にメスを入れて顔を改造するという印象が強いからです。注射だけで済み、中には元に戻れるものもあるのでその抵抗感が薄まり、大勢の人が小顔になる方法を試しています。小顔になる方法の中で手術をしなければならないのは、骨格の段階で顔が大きい人です。主に頬骨やエラ部分の骨を削るため、入院しなければならないことも多いです。また骨格の場合は前から見た時のシルエットだけではなく、顎が大きく飛び出しているなどの状態にもなっていることが少なくありませんが、手術はその改善にも有効です。脂肪が顎の周りに集中していて、シルエットが変わっている人はマッサージで小顔にできるかもしれません。脂肪を分解するための注射もあり、マッサージと同時進行で相乗効果を図るクリニックもあります。噛む力が強いことなどが原因で、エラの筋肉が発達してシルエットが大きくなっている人には、ボトックス注射が有効です。いずれも施術は1日以内で完了するのが基本で、日常生活に大きな支障が出ないのが強みです。ただ骨格を削り取る以外の方法は、時間が経つと成分が薄れるなどで元の状態に戻ってしまうことがあります。そうなると改めて同じ施術を受けなければならず、それだけ費用が大きくなります。一回の料金で見ると手術よりは大幅に安いですが、繰り返していくと大差がなくなる可能性もあります。医師の先生にしっかりと相談をして、強みはもちろんのこと、それぞれの小顔になる方法のデメリットもしっかり把握しておくことが大切です。

美容整形で行われています

看護婦

小顔になる方法には様々なものがありますが、美容クリニックならば医学的な治療が受けられます。医療行為として美容成分を注射したり、骨を削って小顔になれます。クリニックでの施術なので安全性が高く、小顔になれば見た目の印象に違いが出ます。

詳しく見る

複数のメニューから選べる

看護師

小顔になる方法の中で、専門的な治療をしている場所は美容外科です。理想的な顔立ちにこだわって施術を受けることが可能で、色々な治療法の中から選択できます。注射や脂肪吸引など、個人の顔に合わせた治療で小顔にします。

詳しく見る

整形する前に知っておく

カウンセリング

小顔になる方法を実施しているクリニックの選び方としては、カウンセリングの内容で決めることや本当に自分が求めている結果を出すことができるかで決めましょう。申し込み方法は、ほとんどの場合インターネット上で行う方法と電話の2種類があります。

詳しく見る

小顔整形の予備知識

顔に触れる女性

小顔になる方法は整形が一般的で、ボトックス整形や外科治療など多様な種類があります。クリニックでは物販などの整形以外のサービスも受けられるほか、万が一の補填やメール相談といった対応サービスを扱うところもあります。

詳しく見る